コラムトップ
先日現在使っているアイアンを買えるにあたってミズノのフィティングに行ってみた。

スチールシャフトの大手でもあるトゥルーテンパーのダイナミックゴールドのいくつかを試打してみた。
ご存知の方は多いと思うがシャフトにはおよそR(レギュラー)、S(スティフ)、X(エクストラ)に分かれるがXになると相当なパワーとヘッドスピードが必要である。

しかし今回のミズノのフィッターの話は興味深いものであった。
一つは重量はおよそ130グラムでほとんど同じであるということ、二つ目はヘッドスピードも大事な基準ではあるが切り返しの強さによるしなりの度合いも重要であるということだ。
自身も計測してもらったところ切り返しが大変強くX100が一番マッチしているということになった。

正直練習量も少なく20代のようなパワーがあるとは思っていないのでSの中で200、300、400の辺りと想像していた。
しかしながら打点の安定度もXが一番いい結果となり、自分自身が一番フルスイングをした時にマッチするX100がいいというのだ。

外国人プロでもS300を使う人も結構いるのに自分がXとはオーバースペックでないのか?ときいてみたが、フィッターによると基準は最重量の部類のダイナミックゴールドを触れるだけのパワーがあること、あればあとは切り返しやスイングテンポによって選ぶものであってS300を使うプロがいてもそれは個人の持ったものであるという。
なのでヘッドスピードが遅い=Rシャフトと決め付けてはいけないとのこと。

その人が持ってるテンポなどは基本かわらないので、みなさんも一度ミズノのフィッターを行うことをおススメいたします。

余談ではあるが日本国内アイアンモデルではS200とS400が多く標準装備されています。
S300は多くの場合海外モデルの輸入品が多い。
ゴルフ講座

編集部コラム