コラムトップ
30代後半になってヘッドスピード50の自称飛ばし屋の自分が年々飛ばなくなってきていた。
運動不足ももちろんだが体が硬くなってきていることは自覚はしていた。

ふとした時にNHKのテレビ番組で体の柔らかい仕組みを特集していた。

およその内容はこうだった。
体の硬さはストレッチ不足である、関節が固くなるのではなく、筋肉さはがどんどん硬くなってきている。
しかしストレッチによってそれは改善されるということ。

方法は比較的シンプル下半身から上半身までおよそ30秒ずつ行う1日朝と晩の2回。
ほどよい程度でメリメリっと肉離れ?が軽くする程度に無理をしないでやること。

さっそく試してみると、初日とあってどのストレッチもメリメリと体が悲鳴を上げている。
なんだか体が熱を持っている感じがする。
なんだか末端の冷えも解消してる感じです。

さて毎日毎日、テレビを見ながらストレッチ。ちょっと時間が空いたときにも念入りにストレッチ・・・

1か月もたった今、明らかに体が柔らかくなってきています。
厳密に言うとなまりきった体がほぐれた程度かも・・・

しかし前屈で足の指まで5センチも届かなかったのが付くようになりました。
肩甲骨や体の節々も運動できる体になってきた感じです。

ゴルフの飛距離に影響がどの程度あるかまだわかりませんが、怪我の予防や健康にもいいのは明らかです。
いまでも続けていますのでさらにコラムで報告していきたいと思います。
ゴルフ講座

編集部コラム