コラムトップ
今回はパターの選び方というコラムです、みなさんはどの様にしてパターを選んでいますか?
もちろん予算の中で選ぶことはもちろんですが、気になるプロと同じモデルを選ぶ人も多いと思います。
根本的にピン型、マレット、L字、T字など大きなタイプ別に分かれますが

今回は編集部がキャロウェイのパターブランドのオデッセイパットラボに行ってきて判ったことを書いてみます。
この計測で判るのは、アドレス時のフェース向き、インパクト時のフェース向き、上から見たスイング軌道、
インパクト時の打点位置、横からみたスイング軌道、クラブフェースの回転、リズムとタイミングが判ります。

この中で打点がフェース面の上の方で当てる人はピン型などにおおいクランクネックを選ぶ、
下のほうでヒットする人はスワンネックから選ぶということ。

又、クラブのフェースの開閉が大きくインサイトからインサイドに振る人はL字やピンタイプ。
開閉が少なくまっすぐ引いて真っ直ぐフォローするタイプはマレット型などに多いフェースバランスと言われるタイプがお勧めになります。

その他の項目はパットの技術向上によって変わってきますが先の2項目は何年ゴルフの経験が増えても意図的に変えない限り、
そうは変わらないものらしいです、なので自分はマレットタイプが合う、クランクネックのタイプから好きなのを選んでみるなど
選択肢が明確になってそのタイプの中で選べるようになります、これによってとりあえず買ってみたパターがどうも合わないということが少なくなります。

オデッセイパットラボで無料で診断してくれますし、有名ゴルフショップなどでも
オデッセイパター診断の企画があるようですので機会があれば是非診断をおススメいたします。
ゴルフ講座

編集部コラム