コラムトップ
こんにちは、ゴルフジャパン編集部によるドライバーの飛距離に関するコラムです、さて皆さんはどれくらいドライバーの飛距離が出ていますか?
そこで難しい話は抜きにしてなるべく簡単な計算で自分の飛距離について話してみたいと思います。

すでに多くのゴルファーなら知っていると思いますがご自分のヘッドスピードはいくつになりますか?
およそ男性ゴルファーであれば35辺りから45位と思います、

そこでヘッドスピードが40であれば40×4×1,4倍=224ヤードがナイスショット時のドライバーの飛距離になります、
実際のコース上では高低差や風の吹き方で大きく左右されますがおよそこの224ヤードが基準になります、

みなさんはこの計算で本当にその飛距離がでていますか?
実はこの1,4のところがミート率と言われる部分になりショットし次第でもう少し飛んだり大きく飛ばなかったりします、
ミート率とはなにか?どうやって上がるのか?と思うでしょう、
要因でいいますと、
ヘッドの真ん中でボールが当たる。(市販の打点がわかるシールでよくわかります。)
当たった瞬間は打ちたい方向にフェース面が垂直に当たる。(フェースが開いたり閉じた状態であたると出玉からまっすぐ飛ばずに曲がります)
大きなカット軌道やインサイドからの軌道にならない。(軌道がアウトサイドからであればスライスボールに、インサイドからであればフックになる)
ヘッドがインパクト前から減速してあたる。(一概には言えませんがテイクバックが大きすぎてフォローが小さくなって減速していることが多いです)
適正な打ち出し角度、スピン量で打てているか。
などがおよそこの1,4の数字が変わってくる要素になります、
1,3ですといまいちの当たりで208ヤード、
1,5ですと完璧なナイスショットで240ヤードまで飛びます。

ゴルファーのスイングはみな同じではありませんがもしヘッドスピードの割には自分は飛んでいないと思われるのであれば一度上記の点についてチェックしてみてはいかがでしょうか?

参考までに・・・
ヘッドスピードが33
33×4×1,4倍=185ヤード
ヘッドスピードが35
35×4×1,4倍=196ヤード
ヘッドスピードが45
45×4×1,4倍=252ヤード
になります、実際のゴルフ場でスピードなりの距離が出てる方は少ないものです、
ミート率の高い女子プロなどの平均が42辺りになり235ヤード飛んでおり、
テレビ番組などで力のありそうなアマチュア男性陣と同じ飛距離になっているのはまさにこのミート率の差といえます。
ゴルフ講座

編集部コラム