コラムトップ
こんにちは、ゴルフ場ジャパンスタッフのコラムです。東京では猛暑が続いています、なので今回は避暑地で有名な軽井沢、隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部に泊りで行ってきました。
軽井沢にはなかなか行く機会がなかったので今回の取材ラウンドは大変楽しみでした。碓氷軽井沢インターを降りてコースまで約30分。山をどんどん登って行きます。

リゾート地にあるコースですが本格派、中級以上のレベルが必要なレイアウトや景色がすばらしいゴルフ場でした。カートは自走式ですのでプレイヤー自身が運転が必要です。コースナビはありませんがカートにコース説明のカードがありしっかり解説してあります。あえて苦言をいうならグリーンが早いのは良いのですが硬すぎてグリーン奥までボールが行ってしまいます。なのでピンが手前にあると下りのロングパットが残りやすいことですね、リゾート地ということもあって初めてくるくるゴルファーにとってはグリーン面が見えないかるい打ち上げでのホールでピンが前にあると苦戦してしまいます。しかしピリーターであれば硬さを知ってるわけでカット気味にスピンをかけることになりますがその技量は必要ですね。72コースのフラットなコースが物足りない中級者以上にはお勧めのゴルフ場です。

宿泊施設はクラブハウス内にあり二人部屋がメインで広々としておりリゾートにふさわしい部屋になります、予約制の夕食も十分な量と美味しさがありますのでお勧めです。

軽井沢駅の近くにあるプリンスショッピングプラザのアウトレットは大変大きい敷地内に多数のお店がありゴルファーでなくてもよりたい場所です。
アディダス コンセプトショップ、プーマ、テーラーメイド - アディダスゴルフ、ナイキ ファクトリー ストア、パーリーゲイツ、アンダーアーマー、オークリーなどのゴルフ関連のスポーツ店も多いうので楽しめます。
ゴルフ講座

編集部コラム