コラムトップ
こんにちは、ゴルフ場ジャパンスタッフによるコラムです。
ここ2年ほど前からスイング改造が大きく悪い方向にいったせいか、とにかく飛ばなくなりました。
年もあるのかもしれませんが結構頑張って運動をして身体の切れもあるのにヘッドスピードが上りません、さすがに悔しさもあっていろいろな飛ばしの秘訣系の雑誌などをよんで試しています。

そのなかで幾つか有効だったと思われることを書き出してみますので自分も飛ばしたいと思う方がいらっしゃれば練習場で試してみるといいです。

足の重心について、左足のヒールアップでもかまいませんがテイクバックと同時に左ひざを軽く前にだしつま先方向に左足の重心を持っていきます、対照的に右足の膝は多少粘りながらも右ひざを延ばしていく感じで重心はかかとの方に持っていきます。

ダウンについて、ダウンでは飛ばしに不可欠と言われるタメを大きくつくるために切り返しに合わせてシャフトが右の肩に近づくほどタメを作る。
切り返しのタイミングは左ひざを踏み込むようにタメを作ったあとで腰の回転に合わせて左ひざを一気に伸ばして加速させます。

このスイングのタイプは比較的ドラコン用のスイングになり左右の体重移動は少なめでヘッドの遠心力を使うタイプです。

ヘッドスピードを測る計測器を置いて練習をすることをお勧めします、ボールも打たなくてもよいぐらいです、アドレス時のつま先より、かかと寄りに変えるなどでもヘッドスピードは意外なほど変わってきます、今までのスイングと随分変わってしまいますが飛ばないスイングで固めるよりもう一度一番早い測定値が出やすいスイングに変えてから調整していった方が急がばまわれと思います。

プロギア製のレッドアイポケット(REDEYES POCKET)の計測器を使っていますが他のものより比較的厳しく出るようです。
どうも2〜3ポイントほど遅めに出るようです、 現在素振りですが5番アイアンで40.ドライバーで46,5辺りです、また成果が上がるようでしたら記事にしていきます。
ゴルフ講座

編集部コラム