コラムトップ
現在男女ともに海外の国籍の選手が多数日本のゴルフツアーに来て活躍しています。
日本のツアーのプレーのレベルも上がることになるので嬉しいこともありますがその海外の選手の活躍が素晴らしすぎて日本人選手が優勝できずにリーダーボードには半数近く海外のゴルファーの名前があることも多い状態です。

アメリカの女子の女子ツアーが韓国をはじめアジア人ゴルファーがシード選手に多数ランクインして多くの試合でアジア人選手の活躍によってアメリカ人ゴルファーが優勝できない現状になっており、多民族国家であるアメリカでも視聴率が上がらずにスポンサーも離れているとの問題もあったようです。

同じように日本でもそのことは考えるところはあると思います。
レベルの高い選手が来てくれることはいいのですが日本人選手に頑張ってほしいと思うファンも多いのも実情です。

現実的な提案ではシードは国籍別に上位3人までしかシード権はもらえないなどしてもよいかもしれません。
賛否両論の話ではありますが先日の日本女子オープンのように日本の名前がつく日本人選手以外の優勝争いもさみしさもあるのでこの件について考えてみてもよいかと思います。

日本人の選手がアメリカで活躍する姿をみて嬉しく感じますが同じように世界中のプロゴルファーが日本にきてそこで活躍したいと思ってもらえるようなツアーにすることも大事ですので長期的なことも考慮すべき内容ですね。
ゴルフ講座

編集部コラム