コラムトップ
セルフのラウンドが主流になってきてた最近では
ゴルフカートにハーフ2時間を目標にラウンドしてほしいという事がよく書いてあります。
4人でラウンドすると実際なかなか2時間では回れないものですが
好きでスロープレーをしているわけではないものです。
しかしこの時間はもったいないかな?と気になっていることもあるので書き出してみます。

特別な公式なコンペでなく気心知れた仲間であれば、
ティーでのショットをオナー順を守りすぎないで準備ができた人から打つのはどうでしょう、
またティーショットやホールアウトした時は最後に打ち終わった人はクラブをバックに片づけないで
クラブを持ったままカートに乗り込んで他の人を待たせないことです。

ショットやパットも安全であることは前提ですが打てる人から打っていくのも手です。
グリーン周りでもアプローチがうまくいかずにトップして反対側に行った時など
すでにオンしているプレーヤーがパットをするのもありだと思います。

基本的に初心者でもない限り走る必要はないと思います。
急いで打って上手くいかずに時間が余計かかる場合のほうが多いものです。

大事なことは無駄な時間を減らしてプレー時間は急がないというのが大事です。

先日行ったゴルフ場では大変スムーズに回れたのですが
ラフやグリーン周りがボールが見える程度まで刈ってありました。
難易度を下げないことも大事でしょうが特段ミスショットの部類でないところまで行ってみないとボールが見当たらないほどラフが長いとボール探しの時間が多くなりすぎるのでボールの上が見てる程度まで刈っておいたほうがよいようです。
また、各ホールのティーグランドにホールの見取り図や狙いどころなどのアドバイスのある板を設置してあるコースは初めての時には大変重宝しますね。

ある程度無駄をなくして前が詰まっていないのであれば2時間10分程度で回ることは大変ではなくなりますので
みなさんいいペースで楽しんでくださいね。
ゴルフ講座

編集部コラム