コラムトップ
1年ちょっと前にレーシックの手術をしました。

学生のころから視力が悪くなり0,05という酷い状態でした。
眼鏡があまり好きではなかったのでコンタクトで1,0というところでした。
不満はありませんが日々のメンテナンスやゴルフの時など紫外線のなかでずっとしていると眼も赤くなってきます。

レーシックについては大変不安はありましたが結果としてはあっさりと終わりなんだこんなことなら悩んで損したという程度でした、イメージでいいますとコンタクトレンズを入れるのを怖がるのと同じ程度の不要な悩みでした。

さてゴルフをするのはどうかというのが本題です、
40歳程度から老眼があるといいますが自分はまだほとんどないのでゴルフには大変良い結果がでています。

視力は1,2ですがクリアーな感じがするので200ヤード先の林に打ち込んでもボールがあっちに跳ねたとかしっかり見えます。

ショートゲームでもよく見えるので距離感も出ます。
またパターのラインもよく見えます。
悪いことが1つもありません。

今までですと夏のラウンド時はコンタクトをしてサングラスでしたが、一回り明るく見えるようで
ゴルフ用のサングラスをしても暗いなという感じがなくなったので気にならなくなりました。

また、車の運転もよく見え楽になったのでゴルフの往復もストレスが少なくなりました。

あえていうならレーシックは遠視はなるのですが老眼が進む?(はっきり自分の老眼がわかる?)ようなので
過年とともにショートパットのラインが見えにくくなるそうです。

総合的には一番高いコースでレーシックを受けたのですが満足しています。
40歳未満のゴルファーにはお勧めいたします。
ゴルフ講座

編集部コラム