コラムトップ

先日アイアンのグリップが古くなってきたこともあり交換するにあたって違うメーカーや太さなどを試してみました。
ウィングリップやゴルフプライドなど沢山のメーカーがあります。

とりあえず1本をいつも使っているツアーベルベット・ラバーで落ち着いたのですがなぜかしっくりこない。
今までより太く感じてしまいます。
よくよく元からあるアイアンと比べてみると同じ製品なのにわずかに太く見えます。
ゴルフショップの工房で調べてみたら中に巻くテープの厚さが違うことがわかりました。
テープも1重巻き、2重巻きと太さにこだわるゴルファーは多いと思います。

基礎的なことですが2重巻きの方が太くなります、それだけでなく少しヘッドバランスも軽くなります。
どうも自分も軽く感じましたが太さをの影響を感じていたようです。

そもそも好みの太さは別として結果の出る理想の太さを知っているゴルファーは少ないと思います。

この機会に太めのままで練習していますが手の中の余りがなくなってるのか持った感じのホールド感はあがっているようです。太くなって少し強く握りすぎてましたが慣れてくるとこちらのほうが良いのでは?と思っています。

およそ58口径と60、62口径、バックライン有と無に分かれます。
58が太くて、62が細く感じます
バックライン有りのグリップは、内部に小さなリブが付いています。グリップを握ると指関節に
盛り上がりを感じる事ができます。握った時にしっくりくるほうで構わないので好みの問題です。

理想はドライバーからアイアンまですべて同じ太さになるのがいいのですがウッド系などは手元のバット径がシャフトによって違いますのでテープの巻き方で調整が必要です。

また、新しいグリップにチャレンジするときは合わない場合もあるので5番アイアンとピッチングあたりの2本程度交換して気に入れば他のクラブも差し替えがお勧めです。

ゴルフ講座

編集部コラム