コラムトップ

最近のアイアンセットは5番アイアンからのセットが多くなっています、なので一昔前のように3,4アイアンも欲しいなりますと別売になっています。

 

しかしながら実際3アイアンが地面から200ヤードスパンとナイスショットすることは大変難しいのも現実。
かわりにユーティリティーアイアンを入れる方も多くいます。

ユーティリティーアイアンを選ぶ際に気を付けてほしいことがあるので参考になれば幸いです。

 

●ロストをチェックする
ロフトが立ちすぎていたりすることがあるので持っているアイアンのロフトの流れを見てみる。
可能であればライ角も合わすべきです。

 

●シャフトの長さ、素材、バランス
理想は同じシャフトで流れに沿った長さ、バランスになります、しかしカーボン素材など違う事もありますのでトルクや重量をチェックするべきです。

 

●重心距離
5番以下など今持っているアイアンが小ぶりで重心距離が短く、追加のユーティリティーアイアンのヘッドが大きめになりますので距離が違いすぎると違和感が出てきますので、大型ヘッドでスイートエリアが広いのでと選んでしまいますと後々気になってきます。

 

●購入時期
例えばとりあえず3番ユーティリティーを試してみて後に良ければ4番も追加したいと思うものですが微妙に生産時期やシャフトを組んだクラフトマンの癖などが違いますと同じ商品を選んだはずが形状やバランスなど微妙に違うことがあります、特に海外メーカーでは多いですので可能であれば一緒に買うべきです。

 

●そもそも2、3ユーティリティーではなく7ウッドの方がいいのでは?
どちらにも長所や短所もありますが3,5,7ウッドと並びで持っていた方がシャフトやヘッドの流れがセットになるのでウッドにするメリットもあります。

ゴルフ講座

編集部コラム