コラムトップ

最近では女性ゴルファーも増えゴルフ場でも2パーティに一人は居るように思えます。
そこで本日は女性ゴルファーとスムーズにラウンドするためにを考えてみます。

一番気になる点はティーグラウンドが違う点です。
一般的には後ろから打つのが基本ですので男性が先に打つことが多くなります。

しかしこれを厳密に守ってしまいますとある程度ティーショットで飛距離の出る男性であれば毎回のように最後に打つ女性がセカンドショットが今度は1番目に打つことになり、お互いのリズムが取れなくなりいいショットが出なくなりやすくなります。

ですので特別レディースティーがカートに乗るほど前にあったり危険でなければ女性を1番に打ってもらい危険でないカートなどに移動してもらってから男性陣が後ろのティーから打つとスムーズに進行することがあります。

又、上級者であるほど飛距離も出る傾向もあり、パー3などではパーオンする確率も高くなります。
同じ理由でコンペなどで順番を守らなくていけない時は別ですが同伴者の女性やハンデの多いプレーヤーに先に打ってもらう事もスムーズな進行につながります。

又、女性はパワーの問題もありグリーン周りのラフやバンカーで何度も打つときがありますので一呼吸置くためにも先に他の同伴競技者が先に一ストロークすることも良い結果になります。

もし先にホールアウトした人がいるのであればバンカーの砂を代わりに均したりグリーン周りに置いたクラブを取りに行くのも大変有効です。

ゴルフ講座

編集部コラム