コラムトップ

13年のアメリカPGAからの話題で今回はパターについての話になります、ここ何年かでスコッティーキャメロンのパターがツアーの大半を占めていた状況からオデッセイの人気が出てきてスコッティーキャメロン約70人、オデッセイ約60人の使用率になっております。

そもそもスコッティーキャメロンがなぜ人気があるかといいますとツアー支給品と言われる選手の希望に沿ったパターをオーダーして注文通り何本か作り気に入ったものを使用するというオンリーワンの物になっております。

なので実際ツアー選手が持って行かなかった物や試作品はなどは市場に出回ったりし高額な値段で流通しておりコレクターの間で人気があります。一般的にショップに出ているものは人気のモデルが毎年数種類販売されています。タングステンを埋め込んだモデルが多いですね。1本あたり3万5千円程度とやはり高額なパターです。

オデッセイについてはキャロウェイの傘下に入ってから多数のモデルがでてプロ使用率も高くなりショップにも2万円を切るモデルが大半で人気が出てきました。フェース面に白や黒の別素材をはめることで好きな打感のモデルを選べれるのが特徴です。最近は高級素材を使ったヘッドなので高価なモデルも出てきていますが同じデザインで廉価版の物もあるので一般ゴルファーには気軽に購入できるのも人気です。

一時代を築いた2ボールのパターを売り出したのもオデッセイです、当時全盛時だったアニカソレンツタムが使用し好結果が出て女子プロの間から広まりました。

ナイキも最近タイガー、マキロイ使用で注目が集まってますがフェース面に溝があるタイプが出てきています。

ゴルフ講座

編集部コラム