コラムトップ

例年4月を過ぎると、新社会人などか新しくゴルフを始める人がネットなどにどんなクラブがお勧めですか?的な質問が多く見られます。 個人的な意見でもありますが、若者には軽量すぎるクラブは使ってほしくありません。
ゴルフはイメージとは近い結構ハードなスポーツとしても楽しめます。逆に高齢な方でもやさしく楽しめるスポーツでもあります。 最初のゴルフクラブは今後のゴルフスイングを一気に作ってしまうので、導入時は自分の希望や体力にあったクラブを持つべきです。

では、現実的に健康な青年男子であれば、アイアンはダイナミックゴールドか110グラムはあるNSあたりのスチールシャフトを選んでほしいです。 ヘッドスピードも適正にはかるのは当然ですが、Sシャフトにはしてほしいです。
これは現時点でハードスペックと言われるかもしれませんが、新しいスポーツをするわけですので、遊びながらでも沢山練習して健康な体を作り一生楽しめるようなスイングや体力を作ってほしいからです。
しかしヘッドに関しては、スイートスポットの広い、やさしいと言われるクラブで大丈夫です。重量と硬さはハード気味でヘッドはやさしめでということです。
シニア用のゴルフクラブはシャフトが軽量でカーボンシャフトの物が多いですが、若い人が最初から使うとスイングに力強さがなくなり手打ちのままでスイングが出来てしまいます。 初心者には以外かもしれませんがゴルフは下半身を中心に全身で振るので軽いものですと手で振ってしまうので、最初にそのスイングが出来てしまうと後々矯正が難しくなります。 テニスでいいますと、プロのようなすごい弾道を目指す若者がバトミントンのラケットを持たすような状態になり強く振れなくなります。 アイアンは中古であればグレードの高いクラブでもお値打ちに変えますので、無理に新品で揃える必要もありません。
経験者やネットでの評価など見てお店に行くといいです。 不景気の時代ですが沢山のゴルファーが今年も増えることを願っています。

ゴルフ講座

編集部コラム